飼い犬飼い猫との別れ|愛犬が皮膚病にならない為に|飼い主に注意喚起

愛犬が皮膚病にならない為に|飼い主に注意喚起

動物

飼い犬飼い猫との別れ

遺影

最期を迎えたそのあとは

どれだけ可愛がっていても、ペットとの別れはいつかやってきます。では、愛犬や愛猫が最期を迎えた時、どうすれば良いのでしょうか。法律上、ペットは人間と違って物として扱われます。なので火葬や埋葬の義務はありません。自宅や所有地内に埋葬しても何の問題もありません。ですが、他人の土地や公園などの公共の場に勝手に埋葬すると、それは不法投棄とみなされて違反となります。基本的には一般ゴミとして廃棄しても良いのですが、やはりちゃんと火葬して葬ってあげたいものです。ペットの火葬は、自治体が持つ動物専用の焼却施設やペット霊園で受け付けているので、確認してみてください。遺骨は地域によって受け取れるところと受け取れないところがあるようです。受け取れるのであれば連れて帰って丁重に供養してあげましょう。

業者のサービスを利用する

今は葬儀業者でもペット用の葬儀プランが提供されています。人間同様の葬儀を行うプランから、火葬の代行、遺体の処分と様々なプランがあるようです。ペットのために通夜から火葬、収骨、家族による葬儀、納骨と人間さながらのお葬式を上げる飼い主も珍しくはないようですが、それなりに費用も高額になってしまいます。一般的には、遺体を預けて火葬してもらい、収骨した遺骨を受け取るというプランが普通のようです。費用も時間もかけられない飼い主には、埋葬まで含めた遺体の処分を丸ごと依頼するプランもあります。家族同然の扱いをする人も、物として処分する人もそれぞれの自由ではありますが、くれぐれも不法投棄など違法な処分をしないようにしてください。