愛犬が皮膚病にならない為に|飼い主に注意喚起

ドッグ

飼い犬飼い猫との別れ

遺影

死んだとしてもペットが大事な家族であることに違いはありません。出来れば人間と同じように葬ってあげたいものですが、なかなかそうもいかないでしょう。葬儀のプランは色々ありますので、自分に可能なプランで送ってあげてください。

View Detail

ブリーダーを利用する

犬

多くの人がブリーダーが販売している犬を購入するのは、長年の経験と技術により、信頼のおける業者だからです。希望の犬が見つからない場合は、予約する事も可能であり、理想的な犬が出てきたら優先的に教えてもらえます。

View Detail

もっとも多く見られる症状

獣医

夏場は特に要注意

世の中にペットを飼っているという人は珍しくありませんが、中でも日本では犬を飼っているという人は大勢います。公園などで散歩をしている姿を見かけることはよくあることでしょう。家族同然に扱っている人も珍しくありませんが、出来るだけ長生きしてもらうためには人間が健康をチェックする必要もあります。犬は様々な病気にかかる恐れがありますが、その中でも特にかかる可能性が高いのが皮膚病です。菌が原因で発症してしまう皮膚病もあれば、人間と同様にアトピー性皮膚炎に苦しんでしまう場合もあります。特に犬を飼っている人が注意したいのが夏場です。毛が短くなるとどうしても皮膚にダメージを負いやすくなってしまいますので、それだけ皮膚病にかかる可能性も高くなります。そのため、夏場は特に健康チェックは念入りにすることが大切です。

食べ物を見直すことも大事

犬がなりやすい病気の一つが皮膚病ですが、これを防ぐには食べ物を見直すことも大事です。人間と同様に犬も栄養状態が悪くなってしまうと免疫力が低下してしまい、普段はかからない皮膚病にもかかりやすくなってしまいます。そのため、栄養にも気を使って体を健康に保つことで皮膚病を予防することも出来るのです。多くの場合はドッグフードを食事として与えていますが、場合によってはドッグフードだけでは十分な栄養素を摂取出来ていない可能性もあります。しかし、人間の食事を与えてしまうと逆効果になってしまうので注意が必要です。現在では人間だけではく犬用のサプリメントもありますので、健康状態を良くするにはそういった物を与えるのも効果的です。

ペットが亡くなったら

御骨

ペットを家族の一員として飼っていた方もいるでしょう。それが亡くなってしまうのは、とても辛いものがあります。しかし、飼い主がいつまでも落ち込んでいては、ペットは気になり天国に行けなくなってしまいます。飼い主が前を向き、生活して行くのが一番のペット供養になります。

View Detail